保険を見直すタイミング

住宅の購入と保険

生命保険を減額しよう

住宅ローンを借りて住宅を購入するなら、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。加入者が死亡したとき、残りのローンが給付金によって返済される仕組みです。この制度が適用されれば、遺族はローンを支払うことなく住宅に住み続けることができます。つまり、住宅を購入する前に加入した死亡保障がオーバー気味になるということなので、ここは減額の見直しをするタイミングです。減額の方法は、死亡保障の特約を解約する方法と、新しく保険に加入する方法があります。人生のイベントによって、減額や増額を検討するのがうまいやりくりです。

死亡保障を医療保障にまわす

返済に余裕のある住宅ローンを組む家庭はあまりないので、家族の誰かが病気やケガで入院すると苦しい状況に陥ってしまうことがあります。団体信用生命保険に死亡と高度障害の保障はついていますが、入院や手術への手当はありません。入院で収入が途絶えても、ローンの返済は続けてなくてはなりません。ここでは死亡保障を減らした分を医療保障にまわしておけば安心です。この保障は入院中の住宅ローン返済を目的としているので、10年更新型で準備しておきましょう。ネット販売の更新型医療保険を契約すればそこまで家計を圧迫しません。

新着情報

2016-10-19 保険の相談はプロへが更新されました。
2013-01-29 学資保険比較してみようが追加されました。
2013-01-11 結婚生活と生命保険が追加されました。
2013-01-11 今こそ保険の見直しが追加されました。
2013-01-11 定年退職と生命保険が追加されました。

保険とライフスタイル情報