保険でパートナーを支える

結婚生活と生命保険

トップ >> 保険でパートナーを支える

保険と貯蓄は人生の両輪だ

まだ子供のいない夫婦は、保険よりも貯蓄を優先するべきなのでしょうか。若いうちは病気のリスクも少なく、仮にパートナーが死亡してしまっても今すぐ大金が必要とはなりません。しかし、収入が途絶えたときにライフプランの軌道修正を最小限に抑えるのも大事なことです。死亡保障は自分の葬式代で相手に迷惑をかけない程度が目安です。いずれ子供ができることを考えると、10年ほどをカバーできれば十分でしょう。医療保障については、自分が入院したときに相手の家計へダメージを与えない程度が必要です。随時保険を見直す機会があります。

事例を挙げて説明します

結婚して夫が新しく保険に入るなら、死亡保障額は妻の収入で決めましょう。専業主婦になる場合は1,000万円ほど準備します。会社員を続ける場合は500万円まで下げて大丈夫です。子供ができたときのことを考えて、満期は10年くらいにしておきます。医療保障は入院日額5,000円~10,000円の終身タイプを選びましょう。妻が養老保険に医療特約をつけている、なんてケースだと考えることは増えます。元本割れが起こるリスクがあることと、本契約が満期になると特約も消滅してしまうことです。新しく加入を考えるのもいいです。

保険とライフスタイル情報